<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ひとりでいるのがわりと好き
いちにち空いてしまったりするととにかく部屋に籠もるしかなく
基本的になぜか 本、漫画、パスタ という太りそうな行動パターン。


村上春樹の小説ってほんとおもしろい。
今日は、回転木馬のデッド・ヒートを読んでました。


私は、南 Q太の「さよならみどりちゃん」が大好き。
「ひとりでいるのがわりと好き」っていう 一番最初の ゆうこの台詞で
あの ユタカやゆうこの生活に入り込んでいく。
こないだ、それの映画をみた。ユタカかっこよかった。星野真里、演技うまくて驚いた。

「ひとりでいるのがわりと好き」っていう台詞 いいと思いませんか?


レイ・チャールズを結構聴いてます。ビリーホリディもお母さんの影響でずっと聴いてる。二人とも大好き。
レイ・チャールズのCDは二枚(二枚組で、やすかった)しか持ってなくて
全然詳しくないから分からないんですけれど、1930年にレイが生まれたから
二十代のアルバムなのかな

「THE BIRTH OF A LEGEND 1949-1952 RAY CHRLES」

CD1の一曲目の「I LOVE YOU, I LOVE YOU」がとてもいいと思いました。
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-31 00:55
いい天気だった
f0057961_2125642.jpg

一日をふりかえってみると
たいてい その日の天気か、行った場所の印象か、会った人の印象が最初に浮かぶ。
今日は ふだんあまり人に会わないあたしもいろんな人にあった。ほぼ身内と完全なる身内。合計四人・・そして今週会う人、または会った人は家人以外も身内とほぼ身内。出会わないなぁ~。

桜です。きれいでしょう。ほんとうに綺麗だねー。
今日は桜の咲くすてきな道を、大好きなおばあちゃんたちと歩けるそうだったので、わざわざお嬢気分になりたくてお嬢なかっこをしました。
イメージはお嬢とゆーより、コルリオーネの妻なんだけどね・・誰も分かってくれないです

おじいちゃんは最近上目遣いと雰囲気がポールマッカート二ーみたい。
おばあちゃんは感じやすいサザエみたい。


そんでそのあとディズニーとかキャロルキングとか松任谷由美とか歌いましたカラオケで。
モー娘も歌ったな・・
ジョンソンが本当にかわいかったよ。




家かえって人志松本のすべらない話を見る前に、デラマ買いにローソンに行った。超パジャマにストーンズで。
大雨でびしょぬれになったが、
帰ってきてマンション入って部屋に入るときにすれちがった男の人も傘忘れてて、
しかもなぜか同じパジャマ着てるのだ!かなり驚いた。
なぜか親近感が湧き(?)会釈。また会えるといいなー。
うちのマンションは変な住人が多くその一人に、「朝五時富士サファリパーク大騒音男」がいます。
しかもその人は私の隣の部屋に住んでました。
名前のとおり、朝五時に富士サファリパークのテレビCMを大音量でリピートで流してました。
引っ越しちゃったけどね、私には彼の部屋のドアに貼ってあった管理人さんからの貼り紙が忘れられない。たしか、「朝五時ほど、テレビの音が漏れてます」みたいな貼り紙。
でもね、朝帰りする人たぶんみんな気になってたと思いますよ。五時から七時くらいまでかなり、一~二時間くらい鳴ってるんですね。本当に、しっかり聞こえちゃうんです外にいてもね。しかもずっとサファリパークのCMだけ。
へんなのっていうか・・
初めて私が、ちょうど朝出て、部屋になんか忘れてて取りに帰ったときがあり
そのとき初めて聞いたんですけど、漏れるサファリパークのあの「ほんとにほんとにほんとにほんとならーいおんだ」ってやつ。
聞いたときは、なんか変な感じしたな
現実っぽくない気がした。笑えたけど。


なんか今日友人が いい事を言ってました。日記みたいな文でね。
みなさんは各駅停車は好きだろうか。
各停に、中間だか期末だかテストがおわって早く帰れるときに乗ってヘッドフォンで音楽聞いて一言もしゃべんないでかえるってやつ。
青春だねと。
青春だねーってあとで思うけど、
そのときはもがいてたり何にも思ってなかったりと
普通なんですよね
普通にすごく青春なことをやっていてそれは普通の一部でして、「青春中」の自分にとっちゃ。
だから青春なんだな。
少なくともわたしなんだかそう。
ぎゃー、ねよう
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-29 02:12
明るい表通りで
f0057961_21204022.jpg

今日は「SINGSINGSING!」というCDを紹介します。
「THE CLARK SISTERS」というジャズ・コーラスグループのCDで、1958年にドットから発表された作品をあらためて発売したようです。
正直、CLARK SISTERSなんて知らなかったんですが、かなり有名なんですね。とくに「明るい表通りで」は、レコードがミリオンセラーだったとか。
とにかく、四人姉妹のジャズ・コーラスは見事です。長男のトロンボーンもとてもいいです。

スキャット・コーラス(ららららーとかどぅびどぅびとかふーとか・・楽しい動きのコーラス。説明になってない・・)がとても巧くて、女性の速いコーラスが好きな私はかなりノれました。
お薦め!です。

ロックンロールにもある、八曲目の「ブギ・ウギ」もかわいくて、軽快で、
スウィング・バンドがフリフリしながら演奏していたんだなぁーと思うと、楽しい。
スキャットが凄い!ウキウキコーラスです。

たまにはコーラスのグルーヴ感もいいなぁ~。
軽快でノれる素敵なJAZZです。

あと、「THE BAWDYS」?タワレコで視聴してちょっと好きになってしまいました。
けっこうかっこよかったなぁー・・
ところで、私は(正確に言うと、私と姉は)月刊誌クッキーを、創刊時から買い続けてます。
初めて買ったときは「NANA」とユカちゃんが超おもしろかったなー。
で、何年やっているか分かりませんが、今月のクッキーの巻頭は
久しぶりにおもしろかった!
でもやっぱりユカちゃんが一位です。最高。
水沢めぐみはほんとありえませんね・・りぼんももう使ってくれないのかなぁ。何年か前ならありえたのかな
あのコと一緒は地味だけど丁寧でよい。地味に急展開!!ちょっと楽しみ。
あと、じつは女の子の食卓もいいなぁーほんのりと良い!!ゾッチャと双子のが一番いらない。あとカルトライフ以外のギャグ。いくえみさんは良い。パラパル題材が失敗・・。


なんかこんなマニアックなこと書いてもだれもわかんないだろうなー
分かる人、コメントおねがいします。
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-27 21:20
ジャズ 銀杏BOYZ  ベンジー
f0057961_3555756.jpg

ジャズを好きになった理由に、与世山澄子さんがいます。
今日テレビつけたらちょうどやっててビックリしました・・

ちょっと前に、タワレコで視聴して、好きになって。このごろ新しくアルバムも出たそうで・・
沖縄に生まれて、小さい頃から米軍基地のショータイムで歌っていた人。今日テレビで知ったんですけど、詳しいことは。笑
明日命を落とすかもしれない軍人に、聴かせる歌を高校生が歌っていたということでも
やっぱすごいな、って思う。
歌っているときの張り詰めたJAZZは、本場の英語と、澄子さん自身の、なんか人がらというか、魂というか・・それが「JAZZ」になっている。
歌がとにかく凄い。歌っているときの瞳が凄い。

JAZZっていいなぁ。
ゆるかったり、胸を打つようなスタンダードな強烈なメロディだったり、やさしい音楽だったり


で、なんか銀杏BOYZを聴いています。
「銀河鉄道の夜」、ギターいいなぁー。
なんか、彼ら独特の荒削りで繊細で傷つきやすいサウンドが
こんなに綺麗でせつない歌を より一層、不透明で純粋というか、良く仕上げているなぁと思う。
もう、峯田の少女らしさというか・・全開ですよね。
綺麗で、永遠のようだけどはかない世界だし、ありえない世界。姫とか王子とか離れ離れじゃないとか・・消えるとか消えないとか。
そこがいいんですよね。凄い少女らしいし少年らしい。
でも、峯田は「少女」な感じがします。
世界の終わりなんてないかもしれないのに、あるってこととか。
「君」はきっと届くわけがなくて手に入らないけどとても欲しい、存在なんだろうな。
銀杏BOYSの良さであり恐いとこだと思う。
妄想が生む夢という感じがします。



JUDEの「ソファー」 を聴きつつ・・おやすみなさい。
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-27 03:55
今日買った CDs
f0057961_33942.jpg

むかしから夜になると、手紙でもなんでもいいんですが
文章が書きたくなるんですよね。
ただ、手紙じゃ、書くことはその人にあてられるわけだし、限られちゃうから
ブログって 読む人にあてた、気ままな日記のような手紙なのかなー。
わたしにとって。書いてて楽しいな。
ずーっとブログやる前から書いてたし。


今日はビッグヒップのライブに、下北沢まで行ってきました。
でもストーンズの熱は抜けず
なんか今月、毎日ストーンズ聴いてまして、Brown Sugarとか Let's Spend The Night Togetherなんて毎日かならず二回は聴いてたんじゃないかなってかんじで、なんか習慣になっちゃいました。
で、ストーンズ聴きながら下北沢のCDやさんで、ヴィレヴァンで目を付けてたけど買わなかった
「東京ブラススタイル」(写真左)というジャズCDと、
「THE FEZ FILE」(写真右)というクラブミュージックってゆうのかな・・
でもraggaeとかJAZZとかシャンソンとかもありありな、あたしの好きなカンジのCDをゲトる。
最高。これが当たりでした!
なんかこういう「サウンド」だけをあつめたCDというのは、アーティストが一人じゃなくて
mixerっていうのか??たとえばHIPHOPとかraggaeにトラックをつくるヒト?(詳しくないのでわからない!) がいるように
一曲一曲サウンドをつくりあげていく人は違ってて、なんかテーマにそってたり
世界観にそってたり、ただおもしろいの集めただけだったりと
本当に個性とかいう次元じゃなくて
ただ音楽であるだけで
そこにはなんのジャンルもないんですよね。
だから解放感もあるし、何にも捉われないんです。すきな音楽、嫌いな音楽。ただそれだけです。
まぁ何でもそうかもしれないけど
やっぱその音楽をつくってるヒトを知ってると、ヒトから想像しちゃったりするのでねー。
バンドとか、バンドを頭においちゃってたりするんですよね。
本当にかっこいい音楽は、つくってるのがバンドだろーが誰だろうが、そんなこと忘れちゃうし、一曲一曲、世界を見せてくれるけど。
でもこういうCDは、世界に触れやすい。
そこがクラブミュージックとかの好きなとこ。アーティスト性がなくて音楽のみ。
本来そういう音楽が好きだったからな。
ロックンロールって、やっぱライブで感じれるものが多いし、
演奏してるヒトの「ロックンロール」が音楽に影響するとか、むしろそれ自体が音楽になったりするから不思議なもんだ。
歌とかも。

えーっと、とにかく、そんなわけで・・
この「THE FEZ FILE」は好きですね。
ある一つのジャンルの音楽が大好きでそれ以外は苦手な人は、少しイライラするかもしれないけれど、
むしろ今だに音楽のジャンルがよく分からない私のような人にはお薦めです。

「宇宙のように、音楽があるだけで私には一生かかっても全部は聴いてまわれない。」

そういうことを、たまぁーに、こういうCD聴いたり、聴いたこともない民族的な音楽聴いたりすると、漠然と思っています。
だから楽しんだけど。


で、このCDは、ぜひ香でも匂わせつつ
夜中にひとりで聴いてください。
本当にお薦めですから。
もー、こういうCDは手放しで、買っちゃいたいくらい大好きです。
これ聴いて良かった人にはぜひ、コメントしてほしいなぁー。
聴く人いないだろうけど・・笑


で、「東京ブラススタイル」(写真左)の方。
これも夜に開放的な気分で!!
なんかジャケださいんだよなー。。視聴だけするといいんだけどジャケが・・。笑

でも、ジャズいいね!うん。
ブラスバンド最高ですよ。大好きです。
でもこういうアニソンをジャズにカバーするCDってあるようであんまりないような。
ルパンをジャズカバーしてる好きなストリートのブラスバンドさんがいまして。
そのバンドさんのCDは売ってるのか不明だったんで、「ルパンやってるジャズCDないかなー」って探してたんです。
だから、みっけたときは嬉しかった!!
ジャズです。かっこいいけど、もうちょっと音がかっこいいといいかなーと。
なんか新品な音なんですよねー。
もっとソウルフルにやったほうが!って曲が多かった気がする。ルパンとか。
または、もっと音をばーって出すんじゃなくて、
ピアノだったらピアノ、トランペット、サックスと
旋律を大切にして、ほかの楽器世界や雰囲気を、つくりだしていくような。
そんな世界観がちょっと聴きかったなー。
まぁそこまでは期待してなかったけど。あきらかに、ストリートのあたしの好きなブラスバンドさんのがかっこよい。
でも、五曲目の「檄!帝国華劇段」とかは、ブラスバンドで演奏したら良いだろうなーって思ってたから
かなり嬉しかった!かっこいーし。


「人にはそれぞれ事情がある」の「月のウサギ、太陽のカラス」とかかなり好きなんだけど。
あの曲すごい良かった。曲もだけど、サックス。
かなり好きですねー。ああいうボーカルなしの曲またやってくれないかなー。
歌は歌、声の音楽と演奏の音楽を分けて聴くことにはまってます。

四月は、ムーンリバーのCD、Carole KingのCD、 Bob MarleyのAfrican Herbsman、を買いたいなー。

ローリング・ストーンズのLosing My Touchいいなー・・。
キースボーカルのこういう曲大好きです。

では、この曲でおわかれです。
キースが「Fany」というとたまらないわたしでした。。(ぎもぢわるい・・)おやすみなさい。。
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-26 03:39
感じたこと
感じたことは残しておきたい。
昨日のストーンズのコンサートで、
あのヒト達が目の前にやってきた時、
ロックンロール・スターと言われる状況の中で

ローリング・ストーンズがバンドとしてすごくかっこよかった。
これは当たり前のことではないと思います。
初めて観たから嬉しかったのはもちろんある。興奮したし。
だけど、そりゃーもーかっちょいいのなんの
すごいなぁって思いましたよ。
バンドっていう音楽をつくりだすひとつの形ってのは、凄いなって。
やりたいなーって。でもこんなかっこよくできるわけがないんだけど、って今は。
あぁーそれにしても、
ジャンピン・ジャック・フラッシュ、しっかり聴きたかった。
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-24 01:31
ローリング・ストーンズ
きのうはローリング・ストーンズのコンサートに、東京ドームに行ってきたのです。
ストーンズファン暦がすんごく短い私は、
「ストーンズファンがいっぱい集まる」ということに緊張したりしました。
みんなロックンロールが好きなんだと思うと、うれしくなったりして。
ストーンズのレディースのジャンパー?が、6000YENと、かなりお手ごろでカワイかったので買ってしまいましたよ!!
まぁ、それはどうでもいいとして。
ライブの方は、ストーンズめちゃかっこよかったですね。
ただドームの音響がサイアクでした。まぁ仕方ない・・。

私は、アリーナの、移動後のBステージの目の前のブロックでした。
最初のほうは、肉眼では豆ストーンズしか見えないんでスクリーンで見てました。が!!
「Miss You」かな??いつだろう。曲のあいまに、ステージが前に移動。私たちのブロックの目の前に。
これは行くっきゃねぇってなカンジで、
椅子ぶっとばしてブロックの最前まで行ってしまいました。ライブハウスのノリで・・。笑
本当にすいませんでした!!
で、それから五曲くらいかな?そのステージのまま演奏していました。
何を演奏してたんだか忘れてしまいましたが・・すいません。

「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」が鳴り響き、ストーンズが現われた時は
正直、前座が下がってから出てくるまでに体調が最悪になり
「え・・?」って感じで、よく聴き取れないし、少し悲しかったです。
もうちょっとギターの音聴き取れたら最高だったんですが、頭が死ぬほど痛くてね。残念。
でも、なんか凄く遠かったなぁと思います。
音も、ストーンズも遠かった。かっこよかった。
友達も言ってたけど、映像を観てるみたい、というか。
でもストーンズが前に来て演奏してる間は、まるでライブハウスで観てるみたいでした。楽しかった。
でもやっぱ、遠いなーって。


聴けた中で嬉しかったのは

「As Tears Go By」
かなり好きな曲。
こんな曲も演奏することあるのか!!って思いました。
そりゃあ、CDの方がバイオリン綺麗だし響きは美しいけど、だからこそライブ向きではないと思っていたので、
嬉しかったな。生で聴けて。
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-23 14:54
ついに来た
f0057961_2213521.jpg

明日はついにストーンズ初日。
でもあんまり緊張とかないです。
あんまりいないかもしれないけれど
ローリング・ストーンズというひとたちに結構、興味が無くて、
たぶん長い間、音楽しか知らず、誰が演奏してるとか知らなかったからかなぁ、と思うんですけれども、
とにかく私が言うことじゃないけれど
ローリング・ストーンズの音楽は最高すぎだと思います。
まぁ、キースは個人的にファンで、興味ありありなんですが・・
なんか、音楽すばらしい。って感動しました本当に。
ミックに命かけてる友だちとか殺しにくるんじゃないのか。。
でも、「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥギャザー」と「レディ・ジェーン」の流れを、
アルバム「フラワーズ」で聴いたとき、
あぁこの幻想的な音楽を奏でている人たちを見たい!と思いました。
こんな、木琴みたいなもので最高だ!って思わせちゃうグループは、、? って。
ローリング・ストーンズの知識はないに等しいけど、
音楽聴く方法ほど、彼らに本当に近づく方法はないような気がして、
聴きまくっていました。
フラワーズ。好きだなぁ。
後ろでなってる、リズムを鳴らす小さな楽器の音が、とても良かった。

ブライアンの頃なわけなんですけど
ブライアンは、本当にレコーディング、というか、音楽の世界を創りだすのが上手だし
すごく好きな人だったんだと思う。
とてもていねいに、ひとつひとつ一音一音大切に創りだしていて。
聴いていてその世界に触れられるのは、ブライアンがいたからこそであって。あ、そりゃブライアンがいないストーンズにはその世界があるし、それも好きです。

あぁぁ、うだうだ言いたくないけど、音楽性豊かというか。
聴いていて世界に入っていけちゃう。


「ギミ・シェルター」とかはもう圧巻というか聴けば分かるけど大好き。 何がいーたいのかな。?


キースばっかみちゃうだろーなー。
オーディオの前にふとんしいて、ドアによっかかって
寝ながらさっきから聴いています。
やっぱ「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥギャザー」と「レディ・ジェーン」の流れがとびぬけて好き。

おやすみなさい!
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-21 22:13
待ってろよストーンズ!!
f0057961_16302326.jpg

[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-21 16:30
白井さんのソロライブ
今日は二回目の白井さんのソロライブへ。
今日は、たくさん曲が聴けて、嬉しかったな。
とくに月明かりの晩とブレイクスルーをビッグヒップじゃなくて白井さんのピアノだけで聴くのもすごく良くて。
白井さんのソロライブいけない人は、「月刊海賊放送」がいいと思います。
ライブそのまま。
なんか今日録音していたみたいで、もしかしたら今日のもCDになるのかも。



ビッグヒップのツアーも始まりますね。
なんか私新しい音楽にこんなに触れたことないなー。
最近はストーンズばっかり聴いています。
ビガーバン、好きだな。


でわでわ。
[PR]
by maaaayu1211 | 2006-03-20 01:51



mayu's blog
by maaaayu1211
歌うたってギター弾きます。

mayuの最近観たビデオ
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 07月
2005年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧