それが最善じゃないとわかってても
バカらしいと思ってても、やったほうがいいことってあるのかな。



人間らしく、傷ついて、心の痛みを抱えながら生きている人がいて
神様は、私にそのひとを、こんなときに出会わせて、何がしたいんだろう、

痛みと、喜び、を思い出して

私はどうすればいいかわからないよ。


あー。あ。



私はマイノリティ。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-05-17 00:06
no change, but I want "CHANGE"
変化。

でもどーーーーでもいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
のだ。

なにも私の生き方を変えられないに決まってる!
いい影響だけを受けてやる!
誰になんと言われようと。
(誰にも否定されたことないけど)
私のやり方、間違ってるなんて思えないもん。


今月中に髪を真っ赤にするわ。
渇を入れるのよ!

そしていろんな、自分の中の気持ち悪いものとおさらばする。

音楽はやりつづける!
絶対、絶対に。


ほんとにかっこいいものが出てきたら、いつかそれは誰かの心を撃つもん。
それがいつだって構わない。

それはいつかは分からない。
いつでもあり得る。
私がどんな立場だろうと


自然に任せよう。そして、永遠にクリエイティブでいよう。

愛してるものへの愛を失わないようにしよう。
勇気を持とう。
今年NY行けたらいいな。
NYって名前が大好き。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-05-14 23:40
sister act
私の仲間、恋人、友人はどこにいるのかしら。
私と音楽を一緒に愛してくれる人は。
私は就職しないだろう。
こんなとき、なのに、私は一晩中映画を見続けている。
震えて、
そして、毎日演技と音楽をやっている。


今日は天使にラブソングをを見ました。
心が震えます。
音楽がやっぱり大好き。
これしかないんだものね。



でも演技も好きだな。
ただ、身を削られて、疲れてしまうんだよね。
そして一人ではできないことだからね。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-05-09 07:27
必要、不必要ってどういうこと?
必要か、不必要か。

って、物事を選択するって難しいわ。


私に必要な誰かなんていない。
私はきっと一人で生きていける。
どんな悲しみにも意味がある。喜びに意味があるのと同じように。


だからつまりは、
食料や、家と同じように、必要なものなんてあまりないのかもしれない。

だからって捨てることは簡単じゃない。
当たり前だけど。


そこらへんの人が、なにかを「必要」と考える程度以上には、
私にはあなたが必要よ。きっと。


でもそれを本当に「必要!」って言う覚悟がないわ。勇気もないわ。
だってそれがなくたって幸せになれるもん。きっと。


一人で一晩中、遊んでいたの。
夜中中、新宿で映画を見て、お散歩して帰ってきた。
昼間に見てた、路面電車の線路は、完全に、ミステリアスさを欠いたものだったのに
夜から朝になる霧のなかでそれは、「どこか」に続く、ミステリアスなものだった。
そういうの、ぐっとくる。
自分と濃密に接することのできる時間。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-05-09 05:07
ふい
頭ぐちゃぐちゃで眠れないからいっぱい文章書くわ。




ばかみたいだけどあまりにも現実的なことには非現実的な方法で対抗するしかないと思うのよ。

だから私はこんな時こそ綺麗な文章を書くのよ。




孤独だけど、ふとした人の頑張れって言葉に励まされるのよ。


やっぱり大人にしか頼れない。


私まだ子供だから。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-05-03 01:00
be nice
時間なんて気にしないで、笑ったり、相手の心を知ろうとしたりしたいのよ。
本当は

でも、生まれて初めて、
時間は限られているって知って


逃げたいときも逃げてはいけなくて。

いままでは、頭が破裂しそうになるようなトラブルがあれば

破裂する前に、投げ出して、自分のために時間を使ってた。

でももうそんな余裕がない。


取り返しのつかないことをしたくはない。

でもどこかで、
なんで?なんでわたしだけ?って思ってる。
今でも。こんな状況になっても。

人はみな孤独ね

愛したいときに愛す人がいなくなることもある

本当に不幸な場面で、一人きりでそれに向き合わなければならない人がこの世にはたくさんいるのね

お金があっても

お金がなくても

社会的に成功していたって、していなくたって

本当に人に愛されて、愛すことの出来る、

健やかな心があれば、幸せでいることができる。



自分の力で、その健やかさは手に入れるもの

でもそれを手に入れられなかった人が、

目の前で、不幸のなかでのた打ち回っていても

「自業自得でしょう」って、放り投げて傍観することをできる人はどれだけいるのかな?



それが同情というものなのかもね。

同情があるから、この世は成り立っていると思うの。



自分に関係ないから、被災者を傍観することも

自業自得だから、家族が不幸になって放り投げることも

根本は変わらないの。きっと。






どうすることもできないこともある。

できるよ。

腹が立つ。

自分の気持ちなんて捨てろ。悲劇のヒロインぶる奴らばっかりよ。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-05-03 00:06
泣きたいけど
泣きたい人が泣けないなんて
私はなんて子供なんだろ

なんでわたしが慰められてるんだろう

なんでそんなに強いんだろう

悲しいのは
泣くべき人が笑っていること

強がって
こんなときだけ強がって
普段は最低なのに
こんなときだけなんて、タイミングあわない。

責任逃れしたいひとは勝手にすればいい。


なんでだろう。
立派だよ。
私にはできないよ。
私もあんなときに、笑って人を慰められるのかしら。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-05-02 23:28
なみだ
人が涙を流せるのは、直接的なショックなことだけだ

本当に、かなしいとき、涙出てこないね。

良く分からないって思う。
目の前にあるもの、理解できないって。

自然と、それ、から、離れてく。
離れるしかないから。

離れないとみることもできない。
美化しないと向き合うこともできない。
本当の感情を持つことなんて無理。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-04-30 11:06
なんのために生きているんだろう
なんのために生きているんだろうな

生きている目的は本当にわからない


皆勝手に生きて死ぬ
そう思えたら楽なのに

仙人みたいにならなきゃいけないのかね

めんどくさいことばっかりだ

胸がはりさかれそうだ

心の声が聞こえればいいのに
もうひとりで悲しみたくないのにな

でも一人で悲しむしかないよ
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-04-30 11:00
難しいよねえ
わたしぐらい人生楽しんでる人っているのかなあ。


ほんと人生楽しいし、幸せだ。
音楽に出会ってから。



なんか、一段階上にいったんだ。
そこにいくと、すべてを感じたり、愛しくも憎くも思える。
美しさと汚さもみえる。
ぜんぶ生きてるし繋がってる。
わたしに危害を加えようとするものなんて、めったにないんだ。って知った


私がニュートラルで自然にいれる限り、
そして大切な守るべきものを感じられている限り、
私はそれらに愛されるんだって。

ああ、その関係はまず最初に音楽とのあいだに感じた。
すぐにわかった。


どの音楽が最初だろうなー。
あれは素晴らしい経験だったな。
中学生高校生と、帰り道、毎回一時間半各駅停車に乗って
一枚のアルバムとか、しっかり聴いてた。
[PR]
# by maaaayu1211 | 2012-04-25 06:55



mayu's blog
by maaaayu1211
歌うたってギター弾きます。

mayuの最近観たビデオ
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 07月
2005年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧