<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
青ざめた月と名もない星たちがー
意外と好きな曲、「真夜中過ぎの中央線」(真島昌利)
中央線な感じです。本当に。
友達とライブに行って終点まで行っちゃって、終電近くになってウトウトしながら中央線で家に帰ることが二回ほどありました。(総武線ですけど、大体・・)
なぜか、「何をしてるんだろう」と思ってしまいます。寝過ごして夜十一時ぐらいに、中央線または総武線に乗っているときに。

「最終電車でウトウトしていたら
見知らぬ街にいるそんな夢をみた

電車のリズムで 夜が踊りだす
赤い目をしてる 踏み切りは眠そうだ」





あの、JR線って窓が見えて、しかも総武線・中央線って人がけっこう乗らない、私が個人的に好きな線なんです。まぁそれはどうでもいいんですけど、夜につかれて、途方に暮れた人たちが、中央線の窓から夜をながめて、自分がずいぶん変な世界に入っていく、そんな気分になっているような気がします。
そしてこの曲はすごくそんな空気のする曲です。マーシーも、中央線の人だったからなぁ。

そんな気持ちでいつもこの曲を聴いています。私は、真夜中過ぎに中央線に乗るのが、好きです。それはしかたがなくやってくるんですけど。「あぁーあ」って思いながら、誰かに会いたいなぁとか思います。


今日は星が見えました。友達に言われて気付いたんですけど、冬の空は澄んでいるんだなぁーと。
早く夏にならないかなぁ。
[PR]
by maaaayu1211 | 2005-12-31 18:15
ファンジェット(最後の会報)
うーん、ハイロウズはカッコイイ。
それぞれがいるだけで、音楽をやってるだけで、すごくシンプルでロックンロール。
恐いくらいに私はこの数ヵ月間、そのロックにひたりまくって、魅せられまくっていた気がする。
十年、ハイロウズファンだった人と同じくらいかそれ以上の、濃い日々で、次の彼らのバカでカッコイイ活動を毎日楽しみにしていました。
私はこんなに何かに夢中になったことがなかったので、すごく嬉しかった。
ハイロウズを楽しんだのはほんの数ヵ月間。
でもそのときどきに無限のロックンロールやヒップホップ、レゲエ、パンク、たくさんの音楽、映画、本、世界観、死んでもいいくらいの気持ちを知ってきました。
だからその扉を気付かせてくれたハイロウズに感謝です。

心の底から感謝。


ハイロウズが解散でも休止でも、意味は同じことのように思う。
谷ヤンも書いていたけど、破壊していく人たちなのだから、また今何かをぶち壊して何かをはじめるんでしょう。
ほんとにそういう気がする。スルっとぬけていく彼らが思い浮かぶ。
みんなの手にも、声にも、止められずに、よく分かんないコワそーな道を、一人ずつテクテクと歩いてく人たちだ。
私は自分の楽しみを自分でやってく。
それが、いちばんコワイことなんだということを、彼らに気付かされたように思う。ザ・ハイロウズ、恐くないのかな。私と同じように恐いのだろうか。
ロックンロールやってくでしょう。言わずと知れてることかもしれない。でも一番私にとって嬉しいことなんです。
はぁ。こーやってさびしくないことを、やっぱりさびしく感じてしまう。
カッコワルイなぁ。しかたないか。
頑張るぞ。どんどん歩いて、歩いて、歩いていく。知らない道を選んでいく。
[PR]
by maaaayu1211 | 2005-12-19 18:16
THE BIG HIP ラママのライヴ

LA.MAMAでのワンマンのライブレポが。
貴重な写真。の上に、こんな文章。
「よーく見てみると、今動向が注目されているハイロウズの二人と元ハイロウズ、元ポットショットの人、現ルードボーンズ、元ブルーハーツの人がステージに居ました。
でもそんなことは関係なくTHE BIG HIPのロックンロールは最高でした。」


うーん。なんかよかった。ホントにあの日は。
いろんな形とか枠とか集団を超越してロックンロールはかっこよかったし、
ステージに居る人もみんなかっこよかった。
客席にいたいろんな人、ほんとにドキッとしちゃうような人もきてたみたいだけど、
みんなロックを楽しんだと思う。すごい今更ですが。
そんな記事の隣にはS.O.S(The Sound Of Shimokitazawa)っていう、下北沢再開発計画に反対するプロジェクトの、O-EASTのイベントの記事がありました。
ミネタとか曽我部さんが出てた。
下北沢ってなんかあの、みんなが何かウキウキして、自分の好きなものに触れたり、好きなものを探しにくる空気が好きです。
音楽だったり、マンガとか本だったり、居酒屋だったり、食べ物だったり、空気だったり人だったり路地だったり。
で、そのひとつひとつのものがドカーンと壊されちゃう・・というか、景色や空気もがらっと変わっちゃうのはやっぱり嫌だな、と思う。
下北沢に、なんかそーいう、あったかい居場所みたいなイメージを持って遊びにいく人はめちゃくちゃいっぱいいるんですよね。
分かってるよって言われちゃうような、ふつーの意見だと思うけど、

ビル建てるより守られて愛されてきたそこから新しいものを生み出していくほうがよっぽどいいと思う。
[PR]
by maaaayu1211 | 2005-12-12 18:19
ニートビーツ
こんばんは!日曜はニートビーツのライブでーす。ツイストツイスト!
the subwaysがかなりかっこいくて気になってます。
サマソニの一週間前くらいに初めて oh yeah聴いたんです。めちゃめちゃかっこいい!やっぱサマソニ行きたかった~。ベースの子超かっこいい、あーゆうふうになりたい。アルバム買おう!!
こないだのニートビーツは、真鍋さんの最前列で最高で(でも土佐さんあたりまで行っちゃうけど)、
しかもツアーTシャツ買ったとき三浦さんにありがとうっていってもらえて最高だ!!ってかんじで。ぜひぜひ最前列行きたいです。さいたま新都心VOGUE行ったことないんですがどうなのかなー。
ニートビーツで好きな曲は…blueblueblue と、スカーレットでございます。大好き!
あとピーナッツギャラリー。
この曲なんかすごくいい曲で、ライヴ行くと結構やっていて、いつもすごく悲しんだかせつないんだかっていう気持ちになります。
マージービートももちろんかっこいいんだけど、たまにやるこういう曲もとても好き。
スカーレット、いいですね。一番好きです。
Yah!Yah!Yah!(つづりあってるかな)もかなり好きですが。アグアカリアンテとか。
なんかね。「おびえた振りをした」とか。
なかなかこういう詩・音楽がマッチしてる曲ってないのではないか。
「終わりが近づいてるんだ」「嵐がやってくるんだよ」

うーん。ポリスとかね、言い回しが真鍋さんっぽいです。そりゃ警察って言わないけど。世界観が。
この灰がかかった苦しい空気、好きだなぁ。
[PR]
by maaaayu1211 | 2005-12-01 18:23