<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ノエルの歌
oasisのライブに行きました




彼らの歌は、多くの人が同時にキャッチできるもので
街中に流れ、時代のBGMにもなるけど
ちゃんと触れてくれるメロディを持っていて

ポップであることと、本当の意味で求道者であることは、同居し得るのだと感じた。




エンターテイナーは
求めているから歌うだけなのではなく、与えるべき歌を自覚している
自分として生きながら、多くの人に自分のなかの何かを削って、見せている。


ノエルは、悲しかった。
人間として音楽を必要として、歌っていた
生々しい歌だった
それが泣きたいくらい嬉しかったし素晴らしかった。
それに触れられたから、いいライブだった。


そういうアーティストって本当に少ない。



そういう音楽に触れたいんだよ。
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-31 01:24
犯罪小説家
f0057961_6215073.jpg

3/26は新宿redclothでのライブで、
気持ち良かった瞬間や、リンクしていかない歯痒くて悔しい瞬間や、まあとにかくライブっていいなあって改めて思いました。
凄く原始的なものかもしれないけど、一番暖かみもあるし、冷たくもなるから、
凄く面白い。

次は3/31新宿livefreakです。




派手じゃなかったりする、小さなことが、凄くその人の生き方だったりする
そういう人間らしさもある



私は凄く幼いなと思ったのは、そういうものは大して大事なことじゃないと思っていたこと
美しさやら悲しさなんかより、もっと愛しいものを見つめることをしよう。と思った。



現実性のなかにあるそれらは凄く遠くに思えたけど、私が見ようとしなかっただけだなあ



朝まで本を読みまくってしまった
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-29 06:21
パフェ食らい
f0057961_1595453.jpg

こんちゃんはいつもパフェとかケーキを食べているんだけど
あたしは空腹時はやっぱりご飯やおかずがいいです。


生活やら何やらが楽しくないのは
大半は自分のせいだと思うのだよ。

健康で、生きてく金もあって、一応平和な場所で生きているならば。
感謝しよう。




心からの言葉がつねに近くにあるとはかぎらないのだ
熱くなったり傍観してしまったり自分は変わっていく。
偽ってたらすぐに遠くになっていく。
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-27 01:59
かおり
わたしは中学三年生くらいのときに1年くらいともだちの家に住んでた。というかかおりというやつです。
ま友達ってゆうかほぼ家族なんだけども

卒業式があって、そのあと二人でレッドクロスの卒業party的なものにいき
hiphop&rock'n'rollでものすごくたのしかった
そのあとvergeいって飲んでドラムたたいたりして
朝ばいばいして


こんなに100パーセント親密な空気で満たしてくれるやつはほんとにひとりもいないかも、と思っちゃいました。
友達というか、兄弟みたいなの。普通の付き合いではないから、例外なんだけど。


かおりは、よくここまで生きてたなあってくらい、動物的で、常識はあるけど社会的ではない。
でもあたしにとっちゃ理想です

かおりとしゃべってると、あたしにはないものを感じる
自足しているかんじ
自分にとって必要なものがわかっていて、それを手に入れていて、
他人と価値観を比べて、ださい行動をとったりしない。

あたしはそうなれないので、こいつはすごいのだ。
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-18 03:14
bo gumbos.
もーーーほんっとbo gumbosってかっきーーーーーーよね最近ずっと聞いてるよ
すばらしいノリ!
かっこいいの最高なかんじ!
そして、目を見開かなきゃいけないような気になるというか。
すごく悲しいのと、すごく安心して、幸せなのがまじって、不思議なかんじなの。旅みたいな。
それはどんとの声、なのだろうね

いやあ
starchildren!yar!!!!!
ロックンロール!!!



明日卒業式
高校の3年間で人生の大事なものに出会ったような。
大事な人や、仲間に出会った。
多分人生の色んな場面でリンクしていく人たち


自分が欲望に真摯であろうとすれば、素敵な瞬間が待っている。
それは偶然ではない。
ということを知りました。

絶対出会わないような人に出会ったり、一瞬で自分の世界が変わったり
楽しかった
映画や音楽や本はとても親密に私に語りかけてきて、私は素直にそれらに触れられていた気がする。
びっくりするようなことや素敵なことがほんとにいっぱいあった。
凄く悲しかったり腹の立つこともあったけど。
やっと出て行ける、もう本当にべつべつの場所で生きちゃうのだろうな。
凄くそれを望んでいたし、やっぱりかみ合わなかったな。 学校って
ただ、あたしの友達にはまだまだ高校生な人らがいるので、まったく違う人種になっちゃうようで少し寂しいけども。




しかし偶然、うちの学校に入ったことで、本当に人生変えられたな!
偶然だったの、それは。
結局こう生きていた気がしないでもないけど。多分そうだろう。
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-14 08:38
心を燃やして
いつか見た炎のように消えてしまいたいなあ
静かに立ちすくむように赤く青く歌えば



それはあたしで、あなたでもある
リアルな、凄くリアルな、傷を持った時代だ。心を燃やす時代だ。

「青春」と、言えるけど、それよりも、もっとリアルな感情がある、
そこには。




心がきりきり痛む。
何も考えられずにただ心は、いってしまうんだ。
ロマンチックなんかじゃない。




その痛みがただそこにあるということだけが、その人がその人であるということ。
ただ、それだけだ。まったく。


日々感じていなくたって、それは本当に存在している。
しっかりと生きている瞬間、それを感じてしまう。忘れることも変えることもできない。
呼吸して、見て、聞いているから。

ちゃんと存在しているんだよ。
何を失っても手に入れても、その存在はなくならないのだ。
きっと。
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-09 01:13
どんと
ボガンボスのライブみにいく。
どんと抜きの
どんな気持ちかな!たのしみ



山とか川とか海が恋しいよう


私地球とともにあるんで、雨とか寒いのとか続くと、悲しく辛くなるんです

まじで早くあたたかくなれ、春はいらない!!桜だけで良い


日本語の歌を歌ってみようと思って、初めて歌詞書いた。
英語も歌うけど
なんだか不思議だなあ、そんで緊張する




村上春樹が親密さ、というとき、本当に暖かで優しいものに触れるのだ
それは恋人で、友だちで、冬の日のスープ。



ところで、あたし、恋人って素敵な言葉だなぁと思う。
彼氏や彼女よりも、親密な気がするし可愛い。
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-06 02:59
ダンス・ダンス・ダンス
4/12 下北沢屋根裏にて
大好きなバンド、
The Babe,Lazy guns briskyと対バン!
やばい!みんなかもん!!!



生きれば生きるほど面白い気がします。


愛しさや優しい気持ちは宝物
傷つくのはなんて素敵なんだろう

寿命が縮むような気持ちに毎晩なっていた日々が懐かしい
でもその日々って避けられないの。適当に普通に、なんて無理なんだ。
そして、そんなことおこがましいような気がした。



ああ!
楽しみ。なんかこう、私や周りが変わっていくことが
新たな景色や感情に出会うことが
楽しみ




海みたい!
毎晩ちがうのね。
[PR]
by maaaayu1211 | 2009-03-05 03:17