<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
愛こそすべて
愛こそすべてですね。

愛があれば幸せになれる、そう思います!
意外とみんな、愛があってもなあー。ってかんじだよな。
やっぱり都会に住みたいし、ばりばり働きたいし、とかさ。



私は愛があれば平気!


なにがあってもこわくない。



最近は顔が強ばってるらしい。

しょざいない。所在がない。
まさに。

どこにいけばいいのかなにしたらいいのか分かりません
[PR]
by maaaayu1211 | 2012-02-29 02:23
かっこいいひと
「一瞬でも自分と濃密な恋の時間を持てば、生きることへの嫌悪は消えてゆく。」
吉本ばなな


最近かっこいい人に出会ったのよ。


完全に才能と努力で生きているひとなんだ。
でも、自分にない才能についても分かってて、
それはその世界を愛しているからこそ、完ぺき主義だからこそ、自分がそれを崩したくないっていうことであって
そういうこともちゃんと分かってるっていうのは、とってもかっこいいことだし、怖いことなんだと思う。


あたしの幸せはとてもシンプルなものなのになんで就職活動してるんだろうって思ったけど、

ちゃんと理由もあるよ。
でもその理由はべつに、かけがいのないものでもないんだよ。

その人は、ちゃんと自分の好きな生活をしているんだよ
誰にどう思われようと


はぁ。

演劇やってるとみんなプロだから
そしてかっこいいからなんか泣きそうになる
そしてそんな人たちに私が魅力的だって言われるととても嬉しい反面
なんでこんなに勇気が無いんだろうって悲しくなるのだよね



でも、誰も見てないだろううから自慢してしまおう

その脚本家さんはすごい人なんだけど、オーディションのときに、
プロのめちゃうまい私と同い年の子と私が演技して
わたしは、なんてこの子はうまいんだろう、私ぜんぜんだめだわーって思っていた。
でもその人は私をとってくれたのだ。
見た目が役にあってたとかいろいろあるんだろうけど、私の演技が、枠にはまってないからだって。
素人で下手だけど、「演技しよう」と演技してなくて、本当にそこにその人がいるって考えて演技してるって言ってた。
嬉しかったのだ!
[PR]
by maaaayu1211 | 2012-02-24 01:32
ハチ公の最後の恋人
とてもよい夜

春が昨日やってきてから私は
春の安い服をいっぱい買って
音楽をずっと聴いている


お香を焚いて、少しだけ窓を開けて、夜風を入れている
レッチリを聴いている
some people say hate me
some people say hate you


私は自分を必要としてくれてる人が必要なんだ。つまりそういうことなんだ。
演劇の勉強をしてると、自分のことが分かってとても気持ちがいい
心に風がふくかんじ
でもやっぱり、人生で一番大切な音楽には程遠い
私の心のなか、魂みたいなものが、
音楽に影響されることは、もうこの人生で一番に決まってしまったことだ。


私はこうやって生きていけたらいい。って本当に思っている。

一番の幸せは、
ギリシャでも、どこでもいい
大切な人と一緒に暮らしていて


生きていることが実感できるような仕事を日中して
帰ってきて
料理して
食べて、寝ること。


そこには音楽があり、家具があり、
夏には夏のさみしさがあり、春のにおいがあり

それを感じながら、四季を感じながら、
ちゃんと、
すべてを     「感じながら」

生きていくこと


感じられること、存在を知っていることが、一番の幸せ。

夏になったときに、春になったときに、切なくなれること。
『ハチ公の最後の恋人』のような、
町と在ること。都市と在ること。


それがあれば生きていけると思う。


なきたいけどなけない。毎日毎日明日があるから。意味ない涙を流す余裕がない。
caesarsかっこいいな。春の夜だな。
春の夜って大好きだな。
泣きそう。

いますぐ電話したい。誰かと。







時々、私が映画の登場人物だったら楽なのにって思う。
そうやって思って生きている人は、体と心が分離していたり
自分を客観視しすぎていたりするから
はたから観ている人にとって、「映画的」なんだと思う。

誰だって俯瞰した存在に思いを馳せて、感動したいのだ。


私はずっと映画を観て心を楽にしてきた。

悲しいときは、こうすればいいのか。
失恋したらこうすればいいのか。

あたしはそうやって自分の美学を確立してきたんだと思う


だから、演じることは好き

でも、ヴァネッサパラディが、自分を空っぽだといったように
私は空っぽだ。
[PR]
by maaaayu1211 | 2012-02-23 01:44
すごい。
なんでしょうこの気分は。


これは、安心感と言うものなのかしら。


今私はすごく、普通の気分です。
その普通さは、普段感じられないもの。

Morcheebaを聞いています。
BPMは110くらい。


海の中にいるみたい。

悲しいか嬉しいかでいったら、嬉しい。
[PR]
by maaaayu1211 | 2012-02-07 22:52
みんな美しい
当たり前のように、生まれたんだから何かを生み出したいと
納得して生きたいという考えを持っている人たちに出会って、

本当に肩の荷が降りたというか、救われた。


同時に、私は甘えてたなと思った。



甘えてたし、すごく孤独だったんだなと思った。


人と何かを作りたかったし、刺激を与え合いたかったんだと


でも、そこにいる人達が当たり前だと思ってて
私も当たり前だと思ってることを(私にとってはね)

馬鹿にしたり、甘えてるといったりする人達は一杯いる。

それは仕方のないことだ。



でも私はそうやって生きよう!


そして、そこにいる強くて美しい少女は、
そうやって自分のことを馬鹿にしたりする人のことすら、蚊帳の外だった。


私は本当にカッコ悪いわ!と反省した。


物心ついたときから、絶対にかっこいい人間でいたかったから、かっこいい人間でいようと思う。



バカにされても威圧されても関係ないのだ。
[PR]
by maaaayu1211 | 2012-02-03 00:10